OBS大分放送
コモエスタ36・5~お家のよもやま話~

ぶっちゃけ! 賎川さんはムード歌謡についてこられる?!のか…真髄を伝授する!

記事 >  【公式】OBS大分放送ラジオ > コモエスタ36・5~お家のよもやま話~ > ぶっちゃけ! 賎川さんはムード歌謡についてこられる?!のか…真髄を伝授する!

   2019/04/11

■今回はムード歌謡をたっぷり

今回と次回は不動産の話はなし!
4月から賎川アナウンサーに交代、このコーナーを楽しんでいただけるよう、このコモエスタ松本がこのムード歌謡の神髄をまずは伝授!

そこで今回は1960年代!を中心にムード歌謡をご紹介しました。

▼1957年(昭和32年)デビュー 和田弘とマヒナスターズ
スチールギター奏者の和田弘をリーダーとするハワイアン、ムード歌謡のグループ。
デビュー後には、松尾和子などの女性歌手をむかえ、「誰よりも君を愛す」で第2回日本レコード大賞を受賞した。「お座敷小唄」は300万枚の驚異的売上を記録した。他には「ウナ・セラ・ディ東京」など多数のヒット曲がある。

▼1966年(昭和41年)デビュー ロス・プリモス
当初ラテンコーラスグループとして結成した。
1966年『ラブユー東京』などミリオンヒットを記録している。
以降のヒットとしては『たそがれの銀座』など次々に産み出す。
オリコンでは9週連続第1位を獲得している。

▼1966年(昭和41年)デビュー 三浦弘とハニーシックス
デビュー当時は兄弟だけで結成しプロの歌手としてスタートするが途中で妹も参加する。
ムード歌謡界でシンガー・ソングライターのグループである事が特色である。
「よせばいいのに」「お嫁にゆけないわたし」などヒット曲も多数ある。

▼1967年(昭和42年)デビュー 鶴岡雅義と東京ロマンチカ
「小樽のひとよ」でデビューした。
紅白歌合戦にも出場し、「君は心の妻だから」は大ヒットした。

▼1969年(昭和44年)デビュー 内山田洋とクール・ファイブ
1969年「長崎は今日も雨だった」でデビューした。
メンバーの前川清は個人名でも広く認知され親しまれている。

次回は、1970年代を中心にご紹介いたします。
賎川さん…ムード歌謡をたくさん覚えて好きになってください!

©2022  Oita Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.